Do as I Do 2ndレベル トレーナー試験


81359140_3231567106871633_7382062318030422016_n.jpg


Do as I Do認定トレーナーを目指す皆様へ~

Do as I Doベーシック試験を合格しているドッグトレーナーが受験できます!
受験のお問い合わせは以下リンクより檜垣までご連絡ください。

buddybuddy.fumi@gmail.com

====================





Do as I Do トレーニングを教えるために必要なトレーナースキルを確認する試験です。

認定Do as I Doトレーナーは、ホームページ認定リストに登録され、Do as I doの公式トレーナーロゴを使用することができます。


試験要項

1)動画提出

受験者は計5つの動画を提出してください。
犬と人のペアにDo as I Doトレーニングを指導する様子がわかる動画を4つと(生徒さんは全て異なるペアでもOK)、受験者自身がトレーニングした犬とのセッション動画1つ。(動画の提出方法は別途記載)
ビデオ1.バーバルキュー
生徒さんと犬のペアの準備フェーズトレーニングの指導の様子を撮影。バーバルキューを付けるところ、もしくはバーバルキューで確実に行動できるところの確認トレーニングの様子
ビデオ2~4.Do as I Doプロトコル
生徒さんと犬のペアをDAIDプロトコルに沿って指導し、新しい行動を学ぶところまでの様子を段階的に撮影
ビデオ2.フェーズ1レッスンの一部を撮影
ビデオ3.フェーズ2レッスンの一部を撮影
ビデオ4.犬に新しい行動をDAIDで教えバーバルキュー付けするレッスンの一部を撮影
ビデオ5.自身の犬
自分でDAIDトレーニングした犬と受験者自身のセッションを撮影。一つの対象物で2つの動作(例:手で椅子を触る、椅子の周りをまわる)を教えている様子を撮影

2)理論/実技 最終試験

択一式筆記試験: 社会的学習、Do as I Doトレーニング法、個体学習・連合学習理論より出題

実技と口頭試験: 試験会場にて、初めて出会う飼い主と犬のペアにDo as I Doトレーニングを指導する。どの時点においても試験官に質問することは可能。


注 1)動画提出を完了した受験者のみが2)理論/実技を受験することが可能となります。



認定条件:

受験者は以下のいずれかを満たしていること

・ ドッグトレーナー資格を2年以上保有していること。(資格認定書のコピーと履歴書を提出)

・ ドッグトレーナーコースを受講中(認定前)であり、次のいずれかを満たしている。アジリティ、オビディエンス、ラリーオビディエンス、IPO競技においてレベル2以上の経験を持つ。


受験条件:

1頭以上の、1stレベル試験(ベーシックレベル試験)に合格、認定経験があること。

個体学習・連合学習(シェーピング、ルアー、他)といった一般的なトレーニングメソッドに関する専門知識を持つこと。試験では、プロトレーナーとして必要な基礎知識も評価に含まれる。



提出物:

履歴書とドッグトレーナー認定書のコピーをメールにて送付。履歴書には、ドッグトレーニングの専門分野・経験を記載すること。参加した全てのDo as I Doセミナーの日時と開催場所と、ベーシックレベル試験の受験日と開催場所を記載すること。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

動画提出について

Do as I Doトレーナーとしてのスキルを評価する目的であり、犬のパフォーマンスは評価に含まれません。試験官は受験者の飼い主への説明と指示の仕方を評価します。


撮影について

受験者、飼い主、犬の全身が撮影されるようカメラを配置してください。飼い主の顔が撮影されるよう、カメラは飼い主の前、もしくは後ろに配置します。


音声: セッション中の受験者と飼い主のやり取りが明確に聞き取れること。動画提出前に音声品質を確認してください。


動画の長さ: 継ぎ・加工・編集は一切認められません。動画の長さは8分以内であること。


動画名: アルファベットで、受験者の苗字_動画番号_トレーニングフェーズ番号 (例:Smith_video2_Phase1)


提出方法: YouTubeにて非公開・限定公開といったプライベート設定でアップロードし、リンクをinfo@doasido.itまで報告してください。提出するトレーニングセッションについて説明を付けたい場合はYouTubeの動画コメントへ追記してください。追って審査員より、合否の評価と理由、詳細、アドバイスのフィードバックがあります。ビデオ提出で不合格となった理由、または指摘された内容は、最終の実試験日に直接実技、または口頭にて出題されます。ビデオ提出で不合格となっても指摘された点が、最終の実試験において合格であれば、合格となります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実技試験について

以下より出題される項目(1つ以上)において、受験者は飼い主と犬のペアを指導する:


・Do as I Do以外の従来のトレーニング法(受験者が選択)を用いて、犬に新しい行動を教え、バーバルキューを付ける。もしくは行動にバーバルキューをつける手順のみ。


・Do as I Doトレーニングのフェーズ1、もしくはフェーズ2を実施。


・新しい行動をDo as I Doで教え、新しい行動にバーバルキューを付ける。もしくは行動にバーバルキューを付ける手順のみ。


・Do as I Doで2つの対象物を使い2つの連鎖行動を教える。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0