「犬の心」

こちらは、Do as I do(模倣を基礎とした社会的学習)が、クリッカートレーニング(シェーピングによる個体の試行錯誤の学習)に比較して、行動の学習が格段早く、より記憶に残る、という2015年に発表されたクラウディア フガッツァ博士(エトボシュ大学)の研究のデモ動画です。 この研究が発表された当初も、ドッグトレーナー界は…

続きを読むread more

トレーナーが「コマンド」、「陽性強化」を使わない理由

「コマンド」という言うと、「キューでしょ」、と、トレーナーに毎回訂正されるから、気を付けているんだ、 と、行動治療認定獣医師のDr. John Ciribassiは2015年IAABCカンファレンスの講義で仰っています。 行動治療の専門医も、つい口にしてしまう、業界のタブー用語、「コマンド」。 ド…

続きを読むread more

Do as I doドッグトレーニングを始める前に

Do as I Doトレーニングを始める前に。 犬がバーバルキューだけで3つ行動が取れることが必須です。 何故ならば、第1フェーズでは、人間は犬の目の前でデモンストレーションをし、”Do it!”の合図の直後に、その行動のバーバルキューを言う事から始まるからです。 (こちらの記事もご参照下さい:https://buddybud…

続きを読むread more

雷・花火の不安対策

この時期、雷や花火など音響シャイなワンちゃんパニック対応についてのご相談が増えます。 最近の例ですが、 「帰宅したら犬がグッタリしていて、いつもなら玄関に飛び出て迎えてくれるのに。急いで病院へ連れて行ったが、血液検査でも何も悪いとこはなかった。クーラーで管理された部屋にいるので熱中症も考えにくい。脱水もない。下痢嘔吐もな…

続きを読むread more